おすすめの脱毛サロンのキレイモ・ミュゼ

まずはムダ毛の悩みからです。わたしの場合は、10代の頃に腕の毛が気になるのでカミソリを使いました。自宅に常備してあるT字型のカミソリというのは、考えてみたら男性のヒゲ専用のようなものです。

これを女性が腕の部分に生えている毛を剃るのはマイナーだったかと思っています。しかしすでに剃っているので、暫くすると毛が生えてきます。毛抜きなんかを使用してみたこともありますが、カミソリと同様にそのときだけで、何度も処理が必要です。

上記のようなことで満足感が得られず、やっと30代になってからエステ脱毛をはじめました。ミュゼプラチナムでは、過去からワキ脱毛が超リーズナブルです。

インターネットのクチコミにあるようにスタッフの接客が良いと思いました。施術をしているときも質問に対して丁寧に応えてくれます。気になる脱毛の効果は意外とバッチリで、はじめの頃はカミソリで剃っているのと同じかと思っていたのですけど、3、4回目になってから実感が湧いてきました。

施術が終了してからも、きちんとアフターケアをしてくれます。この時に使うローションが気になるのでスタッフさんに聞いてみますと、オンラインから販売されているということだったので買って使っています。

保湿の効果がバッチリで、塗るたびに肌が滑らかになるのが良いです。
ミュゼプラチナムで脱毛のときに使うマシンは、日焼肌が厳禁のようなので、夏のシーズンに掛けてはUVケアをマメにしようかと思っています。実際に日焼けをしている状態でライトをあてるとヤケドなど肌トラブルの原因になるからです。

次に全身脱毛でおすすめのKIREIMO(キレイモ)を紹介します。こちらのサロンで扱っているメニューは、全身脱毛の月額制、再開、学割、パックのプランです。こちらで新しいのがスリムアップの効果です。

通常ならムダ毛を処理するだけのサロンが多いですけど、KIREIMO(キレイモ)なら脱毛をしながらダイエットのためになります。しかも全身33部位が対象となっており、顔やビキニライン、トライアングルなどのデリケートゾーンもすべて含まれています。

肌の保湿に便利な脱毛サロンならではのローションなども格安で販売しています。こちら敏感肌の方でも使えるコスメです。大人ニキビや乾燥などを改善して、毛穴レスでキメ細かい肌が保てます。ナチュラルなアロマなどがベースとなった無添加のローションで、顔、ボディのどちらにも手軽に使える便利な最新のコスメです。

名古屋在住の私が、脱毛サロンを選ぶ際に、注意したのは地元にどんなサロンがあるかということを調べました。ちなみに私が参考して選んだのがコチラ:全身脱毛名古屋ランキング | 名古屋おすすめ脱毛サロン

大手や個人経営問わず脱毛サロンは星の数ほど有ります。どこにしようか悩んだらその地域で人気サロンや評判のお店に行ってみると良いでしょう。

ちなみにキレイモやミュゼは、どこの都道府県にもほとんど店舗を構えていますので、アクセスなどを確認してカウンセリングに行ってください。

どうせやるなら無駄毛を根絶するTBCのスーパー脱毛!

エステティックTBCで脇のスーパー脱毛をしました。
スーパー脱毛とは1本1本毛根にとても細い針を刺して電気を流し毛根を焼き切る方法です。このスーパー脱毛の最大の魅力はなにより二度と毛が生えてこない点です。

TBCにはライト脱毛という黒色に反応する波長の光を当てて生えてこさせなくする、または薄くする方法がありますが、これだと完全な解決にはりませんし定期的に通わなければなりません。

しかしスーパー脱毛なら施術した毛根を確実に息の根を止めることができるので永遠に生えてきません。痛みがあるんじゃと心配する方がいますが思ったより痛くないというのが私個人の感想です。

痛みの程度は静電気がばちっときた程度で一回につき30分100本くらい焼くのですがその間も平然としスタッフさんと話していられました。かかる回数は毛量によって変わりますが平均的だと言われた私の脇は2か月に1回のペースで1年半かかりました。

施術する1週間前まではわき毛をのばさなければいけませんがそれまでは剃ってもいいので施術中でも夏に海に行ったり結婚式にノースリーブのドレスだって着れます。

予約は施術後にその場でとっていました、2か月後なので予約がいっぱいということは一度もありませんでしたし予約は変更もできるので勤務状況によって後日変更することも可能です。その場合は予約が込み合っている可能性もあるので早め早めの連絡が大切です。

施術に関して注意することは脇が大きく出るような服装が求められます。うっかりワンピースやコンビネゾンなんかで行くと下着姿で施術を受けることになってしまいます。おすすめはキャミソールです、タンクトップだと脇まわりが邪魔になるのでできればキャミソールの方が適しています。

スタッフは女性なので下着ぐらいは見えても気になりません。肝心の費用は平均的な毛量で10万弱かかりました。お得に脱毛するには断然メンバー登録をしてパッケージプランを活用することです。

これだけで2万円はお得になりました。私の場合は1年プランを選んだのでオーバーした半年分はビジター料金で受けました。メンバー料金が適用されるには入会金が必要になります。なので期間によってはメンバー料金でも入会金を考えればお得にならないことがあるのできちんと計算することが大切です。

その他にも月定額プランなどもあるので自分に合った料金プランが見つかるはずです。なによりもお得にする方法、それは増税前に行うことです。私は消費税が5%から8%に変わる前の月にパッケージプランに申し込んだおかげで増税後も消費税5%分で脱毛を受けられました。申し込むなら今のうちです。

脱毛ラボでヒゲ脱毛を体験

私には付き合って半年になる彼女がいるのですが、先日彼女から「ヒゲが濃いから脱毛してきて」と言われてしまいました。自分でもヒゲが濃いことは自覚していたのですが、やはり好きな人から言われる少々傷つきました。

また、シェーバーを使っても夕方頃にはまたヒゲが生えてくるようにも最近ではなっていたため、見た目も清潔とは言えないため彼女に紹介してもらった脱毛ラボに通うことにしました。

男性なので、脱毛サロンに通うということに抵抗がありましたが、脱毛ラボでは女性だけでなくMENSも用意されていることが他の脱毛サロンとは大きな違いでした。

実際にインターネットから予約を取り、一人で京都にある脱毛ラボへ行きました。雑居ビルの中にある店舗でしたが、エレベーターが到着するとそのフロアは脱毛ラボのみのフロアでした。扉が2つあり、女性用とMENS用で別々になっていたため、誰にも遭遇することなく施設を利用することができました。

初回は、カウンセリングということで私はムダ毛に対しては全くの無知でした。そのため、毛周期という初めての言葉を耳たり知識豊富な専門スタッフの方に普段のお手入れ方法などを相談してお肌の知識を身につけていきました。

正直なところ、脱毛サロンに通う前までは、どこのサロンも大きな違いがないと思っていたのでが、カウンセリングを受ける中で、専用の脱毛ジェル専用の光脱毛をして独自の脱毛技術を駆使して処理をしていくと知りました。

やはり普段の生活では浴びることがないほどの光を照射するということもありますので、スタッフのスキルが要求されますが、説明も十分納得いくものをしてくれましたので、スキルに関しては信頼できました。実際に2回目に来店した時には、鼻の下、顎、両ほほ、首回りを順番に施術をしていきました。専用クリームは非常に冷たかったです。そのため、夏場は気持ちが良いかもしれませんが、冬場はビクッとするくらい冷たいかもしれません。

そして、クリームを塗った上から光脱毛のセンサーを照射していきます。サングラスやガーゼをこの時には着用してくれているため、安全です。時々光が照射する時には、痛みが発するときがありましたが我慢できるほどでした。

施術は30分ほどでクールダウンの時間を含めて終わりました。次回の予約に関しては、施術後に受付でハーブティーを提供されながら一緒にスタッフと相談しながら決めることができます。連続して翌日に施術を受けることは肌のダメージを考えるできませんので、2週間最低でも時間を空けるように言われました。

いろいろ体験してみて知らなかったことを学べた貴重な体験でした。施術直後は、ヒゲがツルツルになっており、触るとポロポロとヒゲが抜け落ちていました。効果は継続して通うほどに長くなっておりました。通うようになってからは、夕方にはヒゲが会えるということはなくなり、2日に一回ヒゲを剃るようになったほどでした。

ミュゼプラチナムのワキ脱毛

女性が気になるのがワキの毛です。こちら思春期から生えるので何らかの処理が必要になります。カミソリで剃るのもカンタンで良いですけど、肌のことを考えるなら迷わずにエステを活用することがおすすめです。

ミュゼプラチナムであったら、通常でも3,600円でワキ脱毛をしてもらえます。こちらのサロンではオンラインからの予約で1,000円の割引が適用されるようになっています。わたしもワキの毛が長年のコンプレックスだったので、迷わずに申込みをしました。

カウンセリングでは、女性のスタッフがフラッシュマシンの仕様などをカンタンに説明してくれます。これで納得をしてから契約をするカタチになりますので、しつこい勧誘もありません。

わたしが水戸エクセル店で契約をしているのは、ワキの美容脱毛完了コースです。完了と付く通りに無期限、無制限と超おトクな内容です。

ミュゼプラチナムで脱毛をスタートして3回目の頃から毛が細くなってきました。カミソリで剃っていたころはゴリラのような剛毛だったのでウソのようです。

フラッシュ式の脱毛は、肌に熱を加える方法になりますけど、ヤケドの心配がありません。むしろ何回か継続することで肌のキメが整ってきます。

わたしも過去の剃毛でワキの黒ずみが悩みでしたが、もうすっかりと改善しています。ミュゼプラチナムでワキの脱毛については、スタッフが肌をチェックしてからマシンでライトをあてる流れです。

真夏のシーズンはTシャツやタンクトップでも施術をすることがOKなので着替えをする手間も省けます。5回目の施術の頃になりますと、剛毛が生えていたのが分からなくなるほど毛が薄くなってきます。

現在は、ニューアプリを記念して、すべてのコースが半額です。好きな個所が自在に選べるフリーセレクトやデリケートゾーンにだけ対応するハイジニーナ、全身脱毛と12,000円以上の契約でワキの脱毛が無料になります。

S、Lのパーツから選べる両ワキ+ビキニライン美容脱毛の完了コースもリリースされており、1,000円で契約をすることができます。ムダ毛が気になる箇所がたくさんある方なら半額キャンペーンの期間に全身脱毛を検討してみるのも良いです。

ミュゼプラチナムなら、はじめにワキ脱毛を契約している以外の店舗でも移動しながら利用することができます。急なキャンセルのときも心良い対応で、ムダな追加料金も掛かりません。

剛毛化が気になる女性は、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

どっちを選ぶ?フラッシュ脱毛とレーザー脱毛の違い

脱毛をしようと考えた時に迷うのが、脱毛サロンとクリニックどちらの方がメリットがあるのか?という事です。脱毛サロンで受ける施術方法は「フラッシュ脱毛」そしてクリニックで行われているのが「医療レーザー脱毛」になります。
では、一体フラッシュ脱毛とレーザー脱毛は何が違うのでしょう。
医療レーザーの方が効果が高いというのは、本当なのでしょうか。そんな疑問を解決してしまいましょう。

はじめにフラッシュ脱毛や医療レーザー脱毛の仕組みを説明します。フラッシュもレーザーも光のエネルギーの事で、エステもクリニックも光のエネルギーを利用して脱毛を促している事に変わりはありません。

施術中にピリッとした痛みや熱さを感じるのは、光エネルギーを利用して毛根やその周辺にダメージを与えているからなんです。同じ光エネルギーを用いていても、フラッシュ脱毛と医療レーザー脱毛を比較すると後者の方が出力エネルギーが高くなっています。それが両者の大きな違いなんですね。

出力エネルギーが高いということは、それだけ毛根やその周辺へ与えるダメージも強くその分火傷などのリスクも圧倒的に高くなります。だから医療レーザー脱毛は、医療行為とみなされ医師のいる施設でしか施術が不可能なのです。

そのぶん医療レーザー脱毛は効果が出るまでの期間がフラッシュ脱毛よりも短くて済む事が多いです。全員にあてはまる訳ではありませんが、医療レーザーの場合5回の施術でも十分な脱毛効果を期待する事が出来ます。

一方フラッシュ脱毛の場合は5回前後の施術で効果を感じ始める人が多く、十分に効果を感じる迄には10回以上の施術が必要となる事が少なくありません。そのため、医療脱毛の方が価格は高くなっていますが、早く効果が出る分トータル料金にはそれほど大きな違いが出ない事もありますね。

ただフラッシュ脱毛がメリットがないかといえば、そんな事はありません。まず、最近のフラッシュ脱毛は本当に痛みの少ないマシンが多くなり痛みに弱い人や敏感肌、また子供の脱毛にも適しているという特徴があります。ワンショットあたりの照射範囲が広いため効率よく施術が出来るというのもフラッシュ脱毛のメリットですね。

またフラッシュ脱毛を行っている脱毛サロンでは、お試しキャンペーンなどのサービスが豊富という特徴もあります。色んなサービスを行っているので、気軽に試して見る事が出来るのは脱毛サロンならではのメリットでしょう。
部位や毛質によっては、フラッシュ脱毛でも十分に満足のいく施術が可能なので、こうしたサービスを利用してどこで脱毛するかを選ぶというのもお勧めです。